看護師求人ランキング>4週8休以上(週休2日以上)看護師求人募集

4週8休以上(週休2日以上)看護師求人募集

看護師の求人募集に多く見られるのが、4週6休や4週7休の医療機関です。医療機関の規模によっても違いますが、週休2日以下でシフトローテーションを組まれることになるわけですから、体調管理の重要度は言うまでもありません。これが外来勤務ならまだ生活のリズムも狂うことはありませんが、病棟勤務になると体調を崩しやすくなります。

仮に日勤をした翌日に夜勤が入り3日目が休日の場合は、夜勤明けの休みになるのでほとんど何もできません。4週8日ならまだ休日もあるような気がしますが、4週6休や4週7休の場合は休んだ気にはならないでしょう。日勤の翌日が休日になれば1日休んだ実感が沸きますが、夜勤明けの翌日の休みはあってないようなものです。

4週8日の場合は、運が良ければ2日連休を取ることも可能なので、少し余裕を持って仕事に取り組むことができます。もちろん配属される診療科によっても違いますが、慢性期療養目的の医療機関ならまだゆっくり勤務できても、急性期病棟の場合はずっと緊張感を持って勤務しているので、4週6休や4週7休では疲れを取ることができません。

ハローワークはこの4週8休というキーワードでは検索することができないので、看護師転職サイトで探して下さい。ハローワークの求人WEBサイトは、希望している休日を曜日で指定して検索することができますが、医療機関は看護師長がシフトのローテーションを組むので、毎週同じ曜日に休日が入るとは限りません。外来勤務を希望する場合はそれでも有効かもしれませんが、病棟勤務では4週8休を探すことが難しいわけです。

4週6休や4週7休で給料が高ければ報われますが、そうでない場合は自分の業務に意味を見いだせなくなったり、自分自身の気持ちを仕事に向けることができなくなったりします。そうかと言って4週8休だと納得のできる給料水準でない場合もあるので、給料と休日のバランスを取れる医療機関に転職できることが理想でしょう。

「休みが少なくても給料が高ければ良い。」「給料が少し下がっても休みが欲しい。」というどちらかの気持ちに偏ってしまうこともありますが、転職サイトでは4週8休でも高収入につながる求人情報を紹介しているので、4週8休にこだわりのある人は条件を申し出て下さい。また、正社員・パートに関わらず、シフトの調整がつきやすい医療機関も掲載されていて、4週9休や4週10週という医療機関も紹介されています。



看護師求人サイトランキング!人気No.1のサイトはココだ!

ナースフル
>>最新の看護師求人・転職サイトの人気ランキングをチェックすることからスタート<<


病院看護師・求人の基礎

病院看護師・勤務先別の求人事情

産業看護師の求人の基礎

その他・産業看護師関連Q&A

他・看護師求人サイト

運営者情報