看護師求人ランキング>月給50万以上の看護師求人募集

月給50万以上の看護師求人募集

看護師の方には、高い給与を求めて転職を考えている人も多いでしょう。例えば月収50万以上の看護師求人募集を見つけたい、という場合、年収に換算すればボーナス抜きでも600万を超えてきます。一般的にみても結構な高給です。看護師にとって月収50万円以上というのも、もちろん高給です。病院勤務でこれくらいの給与を得るには、たとえば看護部長、看護師長などの役職を目指すのが一つの方法です。あるいは、民間の病院の中でも経営状態が素晴らしいところに勤務する方法です。いずれにしても、狭き門であることは間違いありません。役職につくには経験はもちろん、若いうちになることは現実的に難しいです。目安としては、30代後半から40代になって、役職を意識し始めるでしょう。経営状態のいい病院については、競争率が激しいですし、高給の代わりに激務を伴う職場もあるので注意です。

では、例えば役職につくにはどうすればいいでしょうか。ここでは管理能力が問われます。看護師長の役割は看護師の育成、労働環境の調整、医師や病院側とのコミュニケーションなど、医療行為以外の負担が非常に大きくなります。また、経営面にも関わることになり、予算、仕事の割り振りといったことも管理していくことになります。例えば現在勤務している病院で役職を目指すならば、最初は看護部長、次は副師長というように、段階を踏んでいくことになります。また、年齢が高くなりスキルを積んでいれば、かならずしも役職につけるわけではありません。そこには競争があります。

さらに、スキルも経験も、年齢も周囲からの評価が高くとも、役職につけないこともあります。これは、役職がすでに埋まってしまっている場合です。ただ、このような場合は、転職をすることで役職につけるチャンスが出てきます。スキルや経験をしっかりもっていれば、それを競争率の低い病院で生かし、役職を狙うことができます。求人の中には、高いスキルを持った人をいきなり役職につけるものもあります。その場合には自分の能力をしっかりアピールする必要がでてきます。

話を戻して、今度は経営状態のいい病院の探し方です。これはいかに多くの求人にあたるか、あるいは効率的に求人を探すかにかかっているでしょう。転職エージェントなどを利用して、とにかく給与の高い職場につきたいことを伝えればいいでしょう。転職エージェントでは病院の採用者とのコネクションがあり、常に連絡を取り合っています。それを利用すれば、人員に穴があくタイミングを待ち、募集をすることも可能です。

看護師求人サイトランキング!人気No.1のサイトはココだ!

ナースフル
>>最新の看護師求人・転職サイトの人気ランキングをチェックすることからスタート<<


病院看護師・求人の基礎

病院看護師・勤務先別の求人事情

産業看護師の求人の基礎

その他・産業看護師関連Q&A

他・看護師求人サイト

運営者情報