看護師求人ランキング>産業看護師は企業で本当に必要?

産業看護師は企業で本当に必要?

産業看護師は、企業でその社員の健康、そして病気の予防や成人病予備軍の注意を喚起したり、健康相談、心の病気の早期発見など様々な業務がありますが、だとしたら、健康指導に関しては、それぞれ総務や人事で行い、メンタルな相談があるときは産業カウンセラーに定期的に会社のほうに出向いてもらうということはできないのでしょうか。

医師や看護師に関しては、患者や相談者の身体、また悩みの相談内容については、守秘義務がありますが、産業カウンセラーに関しては、法律的にはその部分が曖昧です。会社が一つのストレスの原因、健康を阻害している一番の原因になっているとしても、そのことを口に出せないことが身体症状となってでてくることがあります。

産業看護師は、企業、もしくは健康保健組合の取り組みですから、それぞれの役割というもの、産業看護師として、どのような取り組みをしていくか、産業衛生学会の取り組みやセミナーなどの受講を通して積極的に学ぶべきでしょう。また産業保健師、看護師としての判断に迷った時などもこの産業衛生学会のリンクは頼りになるでしょう。

常駐している産業看護師医療スタッフが自分だけという場合ももしかしてあるでしょうし、それぞれの立場によっては複雑な駆け引きがある職場環境のなかで、うまく折衝役を勤めることは難しいものです。

しかしながら、職場のオアシス、社員に信頼されるような産業看護師であれば、皆が健康の問題を気軽に相談でき、それが病気の防止になることも、また社員の気持ちを軽くすることさえできます。産業看護師はもしかしたら他の重要な部署に比べたら重要ではない、健康管理室も経費削減ではないか、という会社は産業看護師を上手に使えていないのです。会社の福利厚生として、医療、そして将来的な怪我や病気のリスクを減らすのに、これだけ役にたつ人員もいないのです。産業看護師の役割について、もう一度考える時期に差し掛かっています。

産業看護師をもつ企業は、その取り組み、社員の健康に対してそれだけの注意をしている、よりよい職場環境の為に努力していることを示し、企業イメージの向上にもなります。そうした事をすべて経費削減で取り去ってしまうことは社員の健康や憩いの場、安心できる場所を奪うことになるのではないでしょうか。産業看護師をおいたほうが、より理にかなっており、合理的ということも確かです。できれば産業医師、産業カウンセラーなどとともに、企業と社員との橋渡しになれるような、健康面でサポートできるような頼りになる医療スタッフ、そして気軽に相談できる産業看護師でありたいものです。



看護師求人サイトランキング!人気No.1のサイトはココだ!

ナースフル
>>最新の看護師求人・転職サイトの人気ランキングをチェックすることからスタート<<


病院看護師・求人の基礎

病院看護師・勤務先別の求人事情

産業看護師の求人の基礎

その他・産業看護師関連Q&A

他・看護師求人サイト

運営者情報