看護師求人ランキング>産業看護師で採用されるために気をつけること

産業看護師で採用されるために気をつけること

産業看護師として企業で働くときも、まずは自分がどういったところに所属しているのかを忘れないことです。企業においては安全衛生、健康管理の点より、健康管理室の重要性が増してきてはいますし、その設置が義務化していますが、派遣やアルバイトなど、同時に働き方の選択肢も広がっていることは皆さんご周知の通りです。

そうなると産業保健師として働いていると仮定しても、その企業に直接雇われていることはあまり多くはなく、健康保健組合からの派遣だったり、そもそも人材派遣会社からの派遣社員として働いている場合があります。当然、産業看護師ですから、業務はその社員の健康指導、衛生指導、疾病予防ですが、それとともに、採用されるために気をつけることは自分の立場を忘れないということ、そして与えられた職務を忠実にこなすということです。

メンタルヘルスが注目されるなかで、産業カウンセラーを雇う企業も増えてきていますね。そうした企業の医療に携わりながら、関係者と連携を取り、毎日の仕事をこなしていく、そして社員との信頼関係が築けることが大事になってきます。

産業看護師として採用されるときは、当然必要な資格、そして職務経験もチェックされますが、それ以上に、話しやすく、コミュニケーションを上手にとることができるのも大事ですし、それぞれの立場にたった、適切なアドバイス、適切な言動を心がけることができるかどうかが鍵となります。

ときには企業の人事、総務担当者が衛生管理者の資格を取得することがあるといわれ、人事や総務との関係も深くなる産業看護師の仕事ですから、最初に面接で人事担当者に良い印象をもってもらうことが大事です。人事関係者としてもこれから密にコミュニケーションや仕事に関係してくる人と相性が合わないと大変苦労することになるので、よく相手を選ぶはずです。そうなると臨機応変に対応ができ、第一印象を良くすることに長けていることなども採用される為には、必要になって来るでしょう。

自分の良い所をアピールして、より産業看護師として採用されるように、転職カウンセラーなどと面接のアドバイスやコツを教えてもらうといいかもしれません。当然、前もって採用されやすいように面接のトレーニングをしておくとその分、本番の面接の際に緊張しないで、採用担当者に好印象を持たせることができるのではないでしょうか。あらかじめ用意できることはしておいて、面接の際も、実務に入ったときも、個人の事情に立ち入りすぎること、余計な質問、失礼な質問など、相手に悪印象を与える受け答えは避けないといけませんね。



看護師求人サイトランキング!人気No.1のサイトはココだ!

ナースフル
>>最新の看護師求人・転職サイトの人気ランキングをチェックすることからスタート<<


病院看護師・求人の基礎

病院看護師・勤務先別の求人事情

産業看護師の求人の基礎

その他・産業看護師関連Q&A

他・看護師求人サイト

運営者情報