看護師求人ランキング>産業看護師の給料の相場は?

産業看護師の給料の相場は?

産業看護師は、病院や医療施設で働いている看護師に比べると職務的な違いはありますが、その給料の相場も、その企業の規定に応じて決められています。正看護師の年収が450万円くらいが平均としても、もしよりよい条件のもと雇われる場合は、500万以上貰えることもあります。産業看護師は、医療機関で働くよりも時間的な拘束がすくないので、高給待遇であり、なおかつ仕事も状況によっては、繁忙期と閑散期があるかもしれません。

ただし、最近では派遣就業という形で産業保健師として働くこともあり、そうなるとフルタイムではなかったり、時給で働くことになり、企業に直接雇われている産業看護師に比べると、ボーナス等の面で、差がでてくるでしょう。ただし、それでも時給換算するとずっと他の職業よりは高いし、医療関係は資格をもっていると派遣でも生活はなりたちます。

あとは仕事に対してのやりがいでしょうか。給料は高くて、条件がよければ問題はありませんが、産業看護師として何かしらの目的意識や会社、または社員に対して貢献しているところ、また社員の悩みを聞いてそのことによって感謝されたり、健康指導をしてそれを実行した社員が健康問題をクリアしたりと、実績が目に見えてくるのも産業看護師としては嬉しいことです。

臨床の仕事に疲れて、肉体的にも精神的にもすでに限界がきて、産業看護師になったとしても、産業看護師は、それはそれでストレスがあります。そして身体的なきつさからは解放されたとしても、今度は人間関係で悩んだりしますから、それぞれ完璧な職場、そして待遇はありえません。そのことを経験上わかっていれば、産業看護師として、自分で納得して職務をこなすことができるでしょうか。

最初、なぜ看護師になろうと決めたのか、それが職務をこなしているうちにこんなはずではなかった、という気持ちになってくる毎日かもしれません。どうせなら、恵まれた環境の中で、守られて仕事をしていたほうが楽な筈です。看護師は全体的に給料は若いころは高めかもしれません。でも医療機関によっては、若くてよく働く看護師を次々に採用して、ベテラン居心地が悪くなったり、また無理なシフトで働かされたりといった、人材不足の問題は常に起こっています。自分こそ、病気予防やメンタルケアが必要かもしれないと思っている看護師さんは多いかもしれません。

社員の愚痴や悩み、また指導に従わない社員に悩まされている産業看護師さんも精神的な状況は似たようなもので、やはり医療関係は、自分を多少犠牲にしないと回らない面がどうしてもでてくるのかもしれません。

そのときこそ、なぜ看護師になろうと思ったのか、という本分に立ち返り、また他の専門職で仕事がなくて困っている人に比べたら、ずっと恵まれているということを再確認しましょう。仕事がきつくて給料も安い仕事は世の中にもっと沢山あります。



看護師求人サイトランキング!人気No.1のサイトはココだ!

ナースフル
>>最新の看護師求人・転職サイトの人気ランキングをチェックすることからスタート<<


病院看護師・求人の基礎

病院看護師・勤務先別の求人事情

産業看護師の求人の基礎

その他・産業看護師関連Q&A

他・看護師求人サイト

運営者情報