医療WORKER


医療WORKERはWEB上から無料で年収を査定することができるので、気になる人は試してみて下さい。転職を考える上でいちばん気になるのが年収です。地方によってそれぞれ物価指数が違うので、同じように計算することはできませんが、自分のもらっている年収が適正なのかどうかを知るチャンスです。

同じ年齢の人はどのくらいもらっているのか。自分の勤務している医療機関は給料水準が低いのではないかなど、日頃から疑問に思っている年収について、最新のデータを基に計算してもらうことができるのです。施設形態や雇用形態によっても違いますが、医療WORKERでは希望する年収額に対応した医療機関を紹介してもらうことができます。

また、忙しい人にお勧めなのが、無料で配信されている新着求人メールです。転職したいという気持ちを持っていたとしても、実際には忙しくて転職先を探す時間がない人もいます。月1回〜2回配信されるメール会員に登録しておけば、定期的にWEBサイトにアクセスしたり、電話で問い合わせをしなくても、新しい求人情報が発生した時点で情報を手に入れることができます。

医療WORKERでは、現役看護学生の就職活動にも対応しています。看護学生は一般的に、学校に寄せられた求人から就職先を見つける場合は多いですが、医療WORKERでは看護学生限定の就職相談会を実施したり、特別講師による看護師国家試験の対策講座も開催されています。1問1答の試験情報をメルマガで配信したり、国家試験解答速報も確認することができるので、学校の情報と合わせて利用してみて下さい。

更に多くの看護師に人気の高い公的病院、企業が運営する病院などの医療機関も多く掲載されています。共済・労災・社会保険・国立病院機構・公立大学法人など、国家公務員や地方公務員と同じ待遇で勤務することのできる公的病院は、ハローワークなどの機関でしか掲載されていないようなイメージもありますが、公立病院ではなく公的病院は取り扱われているので、安定的な待遇を希望する人は問い合わせてみると良いでしょう。

国立大学の大学病院も以前は国家公務員としての位置づけでしたが、大学病院は独立行政法人として運営されることになったので、公務員としての肩書きは使うことができません。ただ、そのおかげでハローワーク以外の看護師転職サイトでも求人を紹介できるようになったので、公務員に準じる待遇の求人情報として多くの看護師から注目されています。都道府県立の公立病院については、今までと変わらずハローワークでの取り扱いになりますが、それ以外の医療機関はほとんど網羅されています。


看護師求人サイトランキング!人気No.1のサイトはココだ!

ナースフル
>>最新の看護師求人・転職サイトの人気ランキングをチェックすることからスタート<<


病院看護師・求人の基礎

病院看護師・勤務先別の求人事情

産業看護師の求人の基礎

その他・産業看護師関連Q&A

他・看護師求人サイト

運営者情報