看護師求人ランキング>産業看護師の転職を成功させるコツ

産業看護師の転職を成功させるコツ

産業看護師のポジションは、そう沢山空きがある訳ではないし、どの企業でいつから産業看護師の募集を始めるのかを予想することは非常に困難です。ある企業にどうしても産業看護師として勤めたくても、その機会はずっとやってこないこともあるし、偶然が重なり合って難なく産業看護師としてのキャリアを始めることができる場合もあります。産業看護師になるのには、最低2年の臨床経験が必要になりますからその部分でも職歴を築き、臨床経験を磨きつつ、準備しておくことが必要になるでしょう。

産業看護師としての転職を成功させるためには、自分でインターネット等で検索するよりは、看護師や保健師の転職支援サイトへの登録がスマートです。企業などでも産業看護師の募集をかけるときは、最近は自社のサイトに募集広告を掲載するよりも、転職エージェントから適切な人材を紹介してもらうことが多くなってきています。採用プロセスの面からいっても、そのほうがスムーズですし、募集側も、応募側も条件の突き合わせ、つまりマッチングがうまくいきやすいというメリットがあります。

企業側としては、産業看護師を健康管理室に置く事で、社員が心身に不調をきたしてしまう前にその病気を食い止め、仕事の能率や、また社員の長期休業を避ける意味でも重要な役割なのです。産業看護師ですが、ポジションの削減どころか、景気が悪くなるとストレス増加の影響なのか、体調を崩したり、心身のバランスを崩したりする社員が増えてくるので、そうした意味では逆に産業看護師の需要が増えることにもなるのです。

まずは転職エージェントなどに登録し、転職コンサルティングをうけ、登録によってより有利な条件の非公開案件などを紹介してもらえるようにしましょう。まずは興味のあるエージェントにコンタクトを取ってみてください。

また、病院、クリニック、訪問看護の現場など、臨床で十分経験をつんでから、次のステップとして産業看護師になるのもキャリア形成としては悪くないと思います。シフト勤務よりは、定時上がり、土日休日も確保できるので、看護師としては理想の職場になる可能性もあります。転職サイト登録のメリットを活かし、その広範囲の情報網を活かしてもらい、自分にぴったりの仕事、産業看護師のポジションを探しましょう。根気よく探せばきっと見つかるはずです。そして転職エージェントの利用は、効率よく仕事を見つけるという意味でも、すでに転職者にとっては欠かせないツールです。無料ですので要領よく使いこなして、あなたの転職活動に活かしていきましょう。



看護師求人サイトランキング!人気No.1のサイトはココだ!

ナースフル
>>最新の看護師求人・転職サイトの人気ランキングをチェックすることからスタート<<


病院看護師・求人の基礎

病院看護師・勤務先別の求人事情

産業看護師の求人の基礎

その他・産業看護師関連Q&A

他・看護師求人サイト

運営者情報