看護師求人ランキング>産業看護師の資格内容は?

産業看護師の資格内容は?

産業看護師になるには、看護師免許、そして衛生管理者の資格をもち、職務経験があることです。また産業看護師の産業看護講座を修了していることが基本となっています。それによって、日本産業衛生学会に登録した人が産業看護師であり、厳密に言うと、資格ではなく、制度です。

日本産業衛生学会会員であること、産業看護部会会員であること、衛生管理者免許を有していることが条件となり、同時に、関連分野、産業看護の博士課程前期、修士課程などを終了した人は基礎コースの受講がなくてもかまいません。産業看護師の資格を維持するのには、5年毎の更新が必要となっています。それが正式な産業看護師の条件です。

ただ、企業においては、保健師などで同じような役割をしてもらったりしますので、そうなると看護師と保健師双方の資格が必要になりますが、その場合、新卒で実質上、臨床経験、産業看護師経験が無い人でも、そのまま産業保健師としての業務に従事することができます。

最近では、臨床心理士、カウンセラー、また産業医師が話題になり、大企業などではそうした医療スタッフを健康管理室に常駐させて、社員の健康に気を配るようになってきています。様々な職場の問題、そしてストレスが体にくるような病気は最近増えていますので、体の症状が、実はメンタル的なことが原因になっていることはよくあります。

そうした声にならない声に耳を傾け、看護師としてできる治療、そして指導をしていくことが産業看護師の役割でもあり、資格だけではない、実務で学ぶべきことが多いでしょう。ときには、身体的な病気より、心や精神面のダメージのほうがずっと怖いものです。そうしたより繊細で、複雑化した現代社会、職場で、自分の与えられた職務、そして社員の健康に対しての仕事をします。資格や知識として持っていることをアドバイスするというより、現実的な解決法を患者さんと一緒に探っていく、そして悩みに耳を傾け、社員の問題点はどこにあり、どのように治療していったらいいのか医師やカウンセラーとともに、連携をとって解決していく事が大事です。頭でっかちの臨床経験に乏しい人では、産業看護師の資格はあっても、あまり社員から頼りにされないし、結局のところ産業看護師として意味がなくなってしまいます。

資格と知識、実務、臨床の現場はまったく違うこと、それは看護師として仕事をした人なら分かるのですが、新卒で産業保健師になってしまった人などはその辺りが現実的な経験が少ないせいなのか、指示が的確でなかったり、知識偏重で、治療法がいまいちだったりする場合があるそうです。もし産業看護師として十分な職務経験がないなど、問題を抱えている時は、転職エージェントなどに相談して、対処法を考えましょう。学校で勉強するだけではなく、経験を積む為にしなくてはならないことは沢山ある筈なのです。



看護師求人サイトランキング!人気No.1のサイトはココだ!

ナースフル
>>最新の看護師求人・転職サイトの人気ランキングをチェックすることからスタート<<


病院看護師・求人の基礎

病院看護師・勤務先別の求人事情

産業看護師の求人の基礎

その他・産業看護師関連Q&A

他・看護師求人サイト

運営者情報