看護師求人ランキング>養護教諭の看護師求人募集

養護教諭の看護師求人募集

少子化が非常に深刻化しているに現代日本においては、子供たちの健康管理についてもとても神経質になっている現状が見受けられます。それと同時に、昔の子供たちよりも全体的に体力が落ちていると言われる現代の子供たちを如何に健康的に育てるかが大きな課題となるでしょう。

各公立学校には養護教諭と言う保健衛生の教師が配置されていますが、公立学校の場合は大学で養護教諭の資格を持たなければ採用試験の受験が出来ないことになっています。そのため、公立学校では看護師の求人募集が直接行われることはなく、看護師資格を持った方が養護教諭の資格を改めて取らない限り事実上不可能になっているのです。

しかし、先述の少子化の影響もあって養護教諭の育成人数そのものも大きく減っている現実もあり、看護師資格者が養護教諭になるチャンスそのものが将来的に激減して行くと予想されています。

それでも、養護教諭とほぼ同じ業務を行っているのが私立学校における学校看護師と言えることでしょう。私立学校の場合は養護教諭資格保有者と必ず採用すると縛りはないので、看護師資格保有者が採用されるケースも多く存在しているのです。

一部の専門家の間では看護師資格を持っている人材の方が学校における児童の健康管理には向いているという意見もあるのですが、養護教諭は衛生知識を教職として子供たちに指導していく業務も担っているために看護師という理由だけでは養護教諭から簡単に変えられない事情もあると言えますね。

さらに、養護教諭が各都道府県教育委員会所属の地方公務員と言う立場であるのに対し、学校看護師はその学校から直接採用された一般職員であることから待遇も勤務先によって大きく差がついていくことになります。

最近の学校看護師の現状を見ると正規職でないことも珍しくないのですが、非常勤職として採用されるケースであってもとても人気の高い職種となっているでしょう。学校看護師の求人を望む看護師さんは現役の方から、ブランクをもって休職している看護師資格保有者までと実に幅広いことが知られていますよ。

そんな私立学校における養護教諭の役割を持つ学校看護師ですが、できるだけ効率良く求人を探して行くのであれば求職支援サービスに情報エントリーを行っていくことにしてください。この学校看護師の求人ですが非公開求人に紛れ込んでいることも多いので、必ず担当してくれるキャリアコンサルタントさんに情報を提供するように依頼をすることが大切です。

看護師求人サイトランキング!人気No.1のサイトはココだ!

ナースフル
>>最新の看護師求人・転職サイトの人気ランキングをチェックすることからスタート<<


病院看護師・求人の基礎

病院看護師・勤務先別の求人事情

産業看護師の求人の基礎

その他・産業看護師関連Q&A

他・看護師求人サイト

運営者情報