看護師求人ランキング>パートの看護師求人募集

パートの看護師求人募集

看護師の雇用形態には、正社員・パート・アルバイトという一般的な職業と同じスタイルがあります。老人ホームなどの福祉施設や産休代替えなどでは、派遣という形が認められているので、それを含めると働き方には広がりがあると言えます。ハローワークのWEBサイトにもパート求人はありますが、ハローワークは看護師専門の転職機関ではないので、対応してもらえる範囲は限度があります。

看護師は、パートでもある程度の収入はもらうことができます。どこの医療機関に勤務するかにもよりますが、病棟勤務に入ることもできます。週2回から勤務することもできるので、子育てと両立することもできます。ただ、医療機関によっては業務内容に幅があるので、気になる求人情報を見つけたら看護師転職サイトでよく確認しておいて下さい。

常勤の看護師はリーダー業務や受け持ち患者さんがいますが、パート勤務の頻度によっては入浴介助や清拭・入院予約などの業務に回されることもあります。同じ医療機関の診療科によっても対応は違うので、配属される診療科も慎重に考えて決めましょう。「もっと仕事をしたい。」と思う人や、「パートだからこれ以上はできない。」と思う人など、パート勤務にはさまざまな形があります。

よくある話しですが、パートだと申し送りやカンファレンスに参加できない場合があります。どんな業務に就くかで違いますが、申し送りに参加できなければ患者さんの状態が把握できないので、業務上対応が難しいこともあるかもしれません。転職サイトでは、申し送りの時間に合わせて出勤時間を交渉してもらうこともできるので、自分が働きやすい環境を作り上げましょう。

パートの場合、総合病院に勤務するのとクリニックなどに勤務するのとでは対応がまったく違うので、雇用形態1つにとっても働き方は千差万別です。「パートだからなんとなく肩身が狭いのでは?」と感じる人もいるようですが、転職サイトではさまざまな職場環境の希望も申し出ることができるので、同じ年代の人が多い職場や子育て世代の多い職場など、自分の望む雰囲気で探してもらって下さい。

パートであっても看護師歴が長い場合は、負担の重い業務を任されたりする場合もあるので、転職する際にパートで雇用される立場をはっきりさせておきましょう。パートは時間の管理ができることが最大のメリットなので、自分の都合を考えてプライベートと両立できるように、勤務時間や休日をしっかり確定させておきましょう。



看護師求人サイトランキング!人気No.1のサイトはココだ!

ナースフル
>>最新の看護師求人・転職サイトの人気ランキングをチェックすることからスタート<<


病院看護師・求人の基礎

病院看護師・勤務先別の求人事情

産業看護師の求人の基礎

その他・産業看護師関連Q&A

他・看護師求人サイト

運営者情報