看護師求人ランキング>産業看護師の就職活動のポイント

産業看護師の就職活動のポイント

産業看護師は、臨床未経験では産業看護師として働く事ができないことから、まずは看護師として働くこと、そして十分な知識と経験を身につける事がスタートとなります。新卒で産業看護師としてすぐに勤め出すのは難しいです。ただ不可能ではありません。産業保健師として似たような仕事に携わることができるからです。その場合は保健師の免許を取ることになります。

ただし将来的なキャリアを考えたとき、産業看護師として働くことを主眼においているときには転職エージェントなどに登録して、いつでも行動を開始できるようにしておくといいでしょう。産業看護師の仕事はそう多くはないし、医療現場では病気の治療をメインに行ないますが、産業看護師が働く健康管理室では、病気の予防や健康指導を主に行なっているので、仕事としては、かなり内容が違って来るでしょう。よりデスクワーク、そして書類の作成などが多くなってくるかもしれません。臨機応変に環境に対処できて、コミュニケーションスキルなども磨いておいたほうがいいでしょう。

既に卒業している人であり、また臨床経験があるのなら、まずは人材派遣会社、転職エージェント登録する、そしてハローワークやナースバンクのサイトをみたりして産業看護師としての就職先がないかどうかしっかり確認する事が必要だと思われます。ある程度、こうした転職サイトや人材紹介をしてくれる機関に登録しておけば、仕事がでてきたときには連絡がきますし、自分からも積極的に条件を設定しておいて、案件がでてきたらメールが届くようにしておけば、常に新しい転職情報を手に入れることができるのです。

仕事の見つけるタイミングや季節的なものもあるかもしれませんから、まずはキャリアコンサルタントに自分の希望などを話して、仕事を紹介してもらえるようにあらかじめ働きかけることができます。

また、もう一つのアプローチ法としては看護師免許だけではなくて、衛生管理者免許を取得しておくことも産業看護師の近道といえます。当然、保健師ももっていると有利です。あまり案件がでてこないときはプラスα的に、他の関連資格も取得しておくこと、また必要な講習を前もって受けておくようにしたらよいでしょう。

産業看護師の情報については、日本産業衛生学会、または産業看護部会のホームページなどをチェックすることで、登録、更新、または資格取得に必要なことの説明を読むことができるでしょう。まずは産業看護師になることができるように、基礎的なことからクリアしていくといいでしょう。



看護師求人サイトランキング!人気No.1のサイトはココだ!

ナースフル
>>最新の看護師求人・転職サイトの人気ランキングをチェックすることからスタート<<


病院看護師・求人の基礎

病院看護師・勤務先別の求人事情

産業看護師の求人の基礎

その他・産業看護師関連Q&A

他・看護師求人サイト

運営者情報