看護師求人ランキング>看護師求人事情<公立病院>

看護師求人事情<公立病院>

看護師の求人事情をみていて、それぞれの病院で待遇や給料などを比較して、転職先を絞り込むことは多いでしょうが、間違いのない転職先を見つけるのには、いったいどうしたらいいでしょうか。比較的私立病院のほうが待遇が良いようにみえますし、若い看護師でもかなり良いお給料が期待できることもありますが、まずは看護師として働きやすいか、定着率はどのくらいなのか、という部分で比較することもできます。

公立病院の場合は、独立法人化した国立病院とは違って、各地方自治体次第、もしくは赤字経営であっても、ある程度まではそれぞれの自治体で損をかぶる場合もあります。その自治体の財政状況次第とも言えるのです。

基本的に手取りや、昇給のペースでは私立病院のほうが良いこともあります。でも公立病院の良さは、一般的には長く働きつづけることによる福利厚生と将来の保証、病院によってはかなり働きやすいことも特徴にあげることができるでしょう。勤務条件や休日、休暇などを事前にしっかり調査して応募しましょう。またもともと公立病院に勤めていた看護師さんが知り合いにいる場合は貴重な意見を聞く事が出来るかもしれません。

同時に、経験豊富で私立と公立両方に勤めたことがある先輩看護師、または自分がこれから働いてみたいと考える病院ですでに働いている看護師の知り合いがいるときはそのような人の意見も参考にしてみましょう。

それぞれの自治体によっては、看護職員のアンケートや、職場環境などをレポートしていたり、看護師の集まる掲示板などで評判の良い、もしくは悪い公立病院などが取りざたされることがあるので、そうした意見をふまえて最終的な決断をしてみてください。どのような病院、求人にもメリット、デメリットはあるものですから、客観的に判断し、自分に適した環境を選ぶようにしてみてはいかがでしょうか。どんなに看護師の求人が沢山あっても、転職は慎重にすることが一番です。

また、公立だから、または私立だからにこだわらず、自分が提示した条件に叶うものならその運営団体にかかわらず応募してみるという方法もあります。通勤に便利とか、非常勤、そしてパート、アルバイトなどで条件にあっているということで、まずは働き出してみるという行動派の看護師さんもいるのではないでしょうか。世間的に見て評判がいいからではなくて、まずは自分の希望条件、転職に何を求めるのかなどポリシーを明確にして、転職エージェントなどを利用するにしても、そのもともとの目的にぶれないような転職をすべきです。



看護師求人サイトランキング!人気No.1のサイトはココだ!

ナースフル
>>最新の看護師求人・転職サイトの人気ランキングをチェックすることからスタート<<


病院看護師・求人の基礎

病院看護師・勤務先別の求人事情

産業看護師の求人の基礎

その他・産業看護師関連Q&A

他・看護師求人サイト

運営者情報