看護師求人ランキング>産業看護師を募集中の企業を探すには?

産業看護師を募集中の企業を探すには?

病院、医療施設で働く印象が強くある看護師ですが、最近では介護の分野や、医療関連の事務職に就く看護師さんも増えてきました。看護師としての資格、そして臨床経験をもとに、より広い範囲での活躍の場が広がっているといっていいでしょう。

産業看護師は、その勤め先が病院ではなく、一般の企業や団体などに専任でその社員や職員の健康管理に従事する看護師のことです。日本産業衛生協会では、産業看護の知識を持っている看護師や保健師のことを産業看護師として登録しており、主に大企業の健康管理室などで、社員の健康指導、とくに生活習慣病の予防や鬱病などのメンタルヘルス関係のケアを中心に行なっています。

募集数としては数は多くありませんし、またポジションがでてきたとしても割にすぐにうまってしまう産業看護師は、タイミングよく各ポジションに応募する事がまず大事です。臨床の現場よりは、健康、体に関する悩みの相談にのったり、適切な生活指導や、重症になる前の初期治療、予防など産業看護師の役割は、これからますます注目を浴びることでしょう。看護師でも、臨床だけではない資格の活かし方がありますから自分の将来の仕事の選択肢の一つとして考えてもいいのではないかと思います。

産業看護師として活躍するには、看護師としての資格を持っていること、そして衛生管理者の免許をもっていること。2年以上の実務経験があること、所定の講座を受講していること、そして産業看護師として5年ごとにその登録を更新すること、などです。ただし、ほとんどの企業で産業看護師は少人数、事務所等にそれぞれ一人しか配置しない場合も多く、そうなるとその職場で経験豊富なスタッフとともに、その仕事を覚えていく、引き継ぎなどを十分に行なわれない事も多く、そうなると自分で日々仕事の中で学んでいったり、適切なアドバイスを考えていくしかないでしょう。

企業が産業看護師に期待している部分は多く、当然どのような企業でも身体、心とともに病気を抱えている人は一定数います。その潜在的な患者さんとともに、日々仕事のなかでよりよい仕事環境や健康の向上を目指して一緒に歩んでいく仕事です。病院での事務的な作業よりも、よりカウンセリング、相談重視なので、経験とコミュニケーションスキルが問われることになるかもしれません。

産業看護師の募集を知るには、それぞれの企業のサイトや、保健師、看護師、産業看護師の為の転職サイトなどをこまめにチェックしておくと仕事が見つかります。まずはタイミングよく仕事が見つかるかどうかが重要です。



看護師求人サイトランキング!人気No.1のサイトはココだ!

ナースフル
>>最新の看護師求人・転職サイトの人気ランキングをチェックすることからスタート<<


病院看護師・求人の基礎

病院看護師・勤務先別の求人事情

産業看護師の求人の基礎

その他・産業看護師関連Q&A

他・看護師求人サイト

運営者情報