看護師求人ランキング>産業看護師の役割は?

産業看護師の役割は?

産業看護師の主な役割は、企業や事業所での社員の健康管理です。最近の傾向としては、鬱病や神経系の疾患が増えている、また産業カウンセリングの重要性も増してきたこともあり、身体の健康だけではなく、心の健康のケアが重要視されることが増えてきています。社員の心の健康にとくに注意を払っている企業もあります。マジメで仕事熱心な社員がかかりやすいという鬱病は、もしかかってしまうと長期の休養が必要となり、会社の将来を担う人材がそうした症状に悩まされることになると、企業にとって大きな損失になるだけではなく、士気の部分でも問題がでてくることがあります。

病は気から、というように、そうした鬱によって長期療養している同僚がいたりすると、かなり気になったり、自分もそうなのではないかと思い、神経症的になってしまうことも実際あるでしょう。そうした予備軍の相談役なども産業看護師としては重要な役割といえるでしょう。話を聞いてもらうだけで気が休まる、楽になることは多分にあるものです。最近の職場環境、そして企業業績の低迷もあって、社員がストレスを抱え、パワーハラスメント、セクシャルハラスメント、またはいじめ問題などがクローズアップされるようになりました。

また、ブラック企業といわれるような、過重労働を強いられたり、こなせないノルマを押し付ける、もしくは無理なシフトを組まれ寝る暇がないなど、職場環境や企業風土に巻き込まれ、そのなかで過労死の問題がおこってくるようになりました。そういった企業では、当然健康管理室なども置かれておらず、社員はその事情を訴えるところをもちません。

比較的労組が強い大企業では、そうした健康管理をするスタッフを雇うことは、ほぼ義務化しているので問題ありませんが、実際には、そうした健康管理のスタッフを置くべきなのに、経費削減などの名目で、まったく社員の健康問題を無視しているような企業のほうが問題になります。

産業看護師としては、その企業に雇われている、もしくはどこからか派遣されていることが多いので、中立的な態度を取らざるを得ないですが、社員の相談に乗った事の内容は守秘義務があり、口外しないことになっています。ただし、その基本的なところも守られていないようなところでは、せっかく産業看護師がいても相談内容が人事に筒抜けだったとしたら、誰も相談しませんね。

また、業務上知り得たこと、明らかに会社側か従業員側でなにか不利な情報を隠していることがあっても、個人的な判断で勝手に双方に話をすることは許されてはいません。ある意味で板挟みにもなることがあり、精神的にもきついことは多々あるかもしれません。それでも、産業看護師の役割をしっかりこなすことが必要です。



看護師求人サイトランキング!人気No.1のサイトはココだ!

ナースフル
>>最新の看護師求人・転職サイトの人気ランキングをチェックすることからスタート<<


病院看護師・求人の基礎

病院看護師・勤務先別の求人事情

産業看護師の求人の基礎

その他・産業看護師関連Q&A

他・看護師求人サイト

運営者情報