看護師求人ランキング>認定資格取得支援あり看護師求人募集

認定資格取得支援あり看護師求人募集

看護師のスキルアップとして知られている認定看護師資格は、現在21分野存在しています。その中でそれぞれ認定される取得するためのカリキュラムが決められているわけですが、この資格制度には1つだけデメリットがあるのです。それがカリキュラムを受講するための費用と時間です。

看護協会の定めるカリキュラムに沿ってスケジュールが組まれているわけですが、このカリキュラムの授業を受けるのは大学などの教育機関なので、当然のことながら授業は昼間行われます。つまり看護学生と同じような状態になるわけです。原則として6ケ月以上は継続した授業を受ける必要があるので、日勤で働くことはできません。

そのため認定看護師の授業を受ける場合は、その間は休職扱いとなるケースがほとんどです。もちろん休職中は給料の支払いはないので、授業を受けている間は無収入な状態です。どんなに資格でスキルアップしたとしても、6ケ月以上無収入になるのはリスクが高すぎます。そこで多くの医療機関では、カリキュラムの授業を受けながらでも働くことのできる資格取得の支援をしています。

昼間は認定看護師の授業を受けて、時間や体調を調整しながら夜勤にシフトを組んでもらうことができれば、休職や退職しなくても資格を取得することができます。また、医療機関の中には休職扱いで給料を保証しているところ。研修扱いで費用の貸し出し。授業料の支援など、さまざまな資格支援制度が設けられているので、看護師転職サイトで確認して下さい。

認定看護師の資格支援には、看護協会から認定看護師教育課程奨学金や都道府県の修学資金貸与制度も利用することができるので、医療機関の支援制度と合せて活用して下さい。どれだけ支援してもらえるのかによっては、仕事とのバランスをどう図るかが決まるので、コンサルタントとよく相談しましょう。

授業の行われる学校は、都道府県全てにあるわけではありません。都市部に集中していることには違いありませんが、分野ごとによっても受けられる場所が違うので、自分の受けたい授業が県外の場合は休職もしくは退職せざるを得ない場合もあります。資格支援の内容や幅を把握することが認定看護師への最初の一歩なので、まずはどこの医療機関で支援体制が整えられているか調べてもらって下さい。

認定看護師の資格を取得した際も、資格手当や昇給については医療機関によって対応が違います。聞きにくいことだとは思いますが、資格支援と合わせて聞いておくことをお勧めします。



看護師求人サイトランキング!人気No.1のサイトはココだ!

ナースフル
>>最新の看護師求人・転職サイトの人気ランキングをチェックすることからスタート<<


病院看護師・求人の基礎

病院看護師・勤務先別の求人事情

産業看護師の求人の基礎

その他・産業看護師関連Q&A

他・看護師求人サイト

運営者情報